施主と一緒に塗った漆喰壁

クウスムデザインの建築

 

~人と自然の営み中で、共に歩む住まい作り~

 

クウスムデザインの建築は、杉・松・桧などの国産材

や、土、竹、藁、和紙といった自然素材でつくられます。

 

この材料達はすべて近隣で手に入る物ばかり。
それはとてもシンプルですが、

地域の住まう技術・知恵が詰まった材料でもあります。

 

海外からの安い材料は、

たくさんのエネルギーを使って運ばれてきます。
組み立てるだけの建築では

大切な伝統技術が衰退してしまいます。

 

そんなことも気にしながら

 

住まいを通して、自然を感じ、

人もまた自然の営みの中にある事を実感したい。

 

ただ快適な「設備」の組み合わせでなく、
「心地よい」空間づくりを目指しています。

tukide03.jpg
tukide03.jpg

月出工舎内のcafeスペース。むき出しのストローベイルと竹小舞の土壁。

press to zoom
DSCN4878.jpg
DSCN4878.jpg

日干しレンガづくり

press to zoom
DSC02284.jpg
DSC02284.jpg

月出工舎アプローチ。廃校になった小学校のリノベーション。

press to zoom
IMG_0940.jpg
IMG_0940.jpg

黒川の自邸ストローベイル土塗り

press to zoom
hinoki01.jpg
hinoki01.jpg

黒川の山から新月伐採して自然乾燥させた檜材。自邸の柱に使った。

press to zoom
peshico02.jpg
peshico02.jpg

オーガニックワイン専門店Peshico外部

press to zoom
peshico01.jpg
peshico01.jpg

オーガニックワイン専門店Peshico内部。セラー部分には、オーナー手づくりの約700個の日干しレンガが使われている。

press to zoom
kurokawa02.jpg
kurokawa02.jpg

黒川の自邸ストローベイル土塗り

press to zoom
tukide04.jpg
tukide04.jpg

月出工舎エントランスとショップスペース

press to zoom
tukide05.jpg
tukide05.jpg

子どもたちと土壁を塗る@千葉県市原市

press to zoom
CA3A0528.jpg
CA3A0528.jpg

自邸に使った柱は、地元の材を新月伐採して葉枯らし乾燥させた後、山からおろし、地域の製材所で挽いてもらった。

press to zoom
kurokawa03.jpg
kurokawa03.jpg

黒川の自邸外観

press to zoom
1/1